コレクション検索

詳細検索
展示中

Project for Extraterrestrials No.8―烽火台を再燃する

蔡 國強

1991

《Project for Extraterrestrials No.8 烽火台を再燃する》《Project for Extraterrestrials No.9 胎動II》、は1991年の個展でこの後行うべきプロジェクトのプランとして発表された。いずれも、火薬を紙の上で燃やしその痕跡を残した上に、墨でそれぞれの計画の説明を記している。“Project for Extraterrestrials”とは、地球外の生命体(E.T.)に発信するためのプロジェクトという意味であり、宇宙へ向けた壮大な計画である。同時に古代中国で発明された火薬や墨という素材を用いることは、自らの出自を示す意味も込められている。《烽火台を再燃する》は、中国古代の通信手段であった烽火台に再び火を灯し、最新の通信手段である人工衛星でその光を確認するものである。《胎動 II》では、円形に火薬を配置し、その中心に作家が座り火薬を爆発させる。この瞬間の作家の鼓動と大地の揺れの変化を機器によって記録する。これらの光は一瞬のものだが、宇宙に向けて永遠に発信されることになる。いずれも東洋的な要素と現代の技術を融合しようとする意図が明確に示されている。なお、《胎動 II》のプランは1992年に開催されたカッセル国際美術展で実現している。(H.K.)

作家プロフィール

蔡 國強 CAI Guo-Qiang

1957-

作品情報

ジャンル水彩・素描
材質・技法火薬、インク/和紙、パネル
寸法200×680cm
受入年度1995
受入区分購入
作品/資料番号1995-00-0003-000
TitleReviving the Ancient Signal Towers: Project for Extraterrestrials No.8
GenreWater_colors,drawings
Material/techniqueGun powder, ink on Japanese paper, panel
Dimensions200×680cm
Acquisition date1995
Accession number1995-00-0003-000

関連所蔵作品

蔡 國強の作品

詳しく見る

同じ制作年の作品

詳しく見る