コレクション検索

詳細検索
展示中

EAR

三木 富雄

1965

人間の「耳」が、人の背丈ほどもある大きなオブジェに変身し、鈍く不気味に輝いている。「耳」を彫刻にするという奇抜な発想に我々は衝撃を受け、その突然の出現に驚かされる。そして、なぜ「耳」なのかという思いにとりつかれる。だが、こちらの驚きや疑問をこの「耳」は、冷たく無視する。「これは耳である」というあまりの単純明快さゆえに、それがどういう意味を持つのかは作者にさえ説明がつかない。「友人の家で突然何メートルにも耳を拡大させるという、ふってわいたような思いにとりつかれた時、そのあまりにも『ばかばかしい』想像に興奮してしまった」という作者は、20歳代の半ばから「耳」をモティーフとした作品をつくり始め、決して長くはないその一生を「耳」の制作に捧げた。あるいは「耳が私を選んだ」という三木の言葉に従えば、作家は「耳」に魅入られ、その呪縛から逃れることができないままに、「耳」の制作に生命を燃やし尽くした。アルミ合金製のこの「耳」は、身体の一部というよりも、人の心の謎そのものであるようだ。(Y.S.)

作家プロフィール

三木 富雄 MIKI Tomio

1937-1978

作品情報

ジャンル彫刻・インスタレーションほか
材質・技法アルミ合金
寸法H.170cm
受入年度1979
受入区分購入
作品/資料番号1975-00-4150-000
キーワード1983 「現代美術の動向II 1960年代―多様化への出発」東京都美術館
TitleEAR
GenreSculptures,installations
Material/techniqueAluminum alloy
DimensionsH.170cm
Acquisition date1979
Accession number1975-00-4150-000
Keyword1983 「現代美術の動向II 1960年代―多様化への出発」東京都美術館

関連所蔵作品

三木 富雄の作品

詳しく見る

同じ制作年の作品

詳しく見る