コレクション検索

詳細検索

クォスランバ

フランク・ステラ

1964

ステラは1958年の終わりから60年にかけて「ブラック・シリーズ」と呼ばれる黒のストライプの絵画を制作し、ミニマル・アートの到来を告げた。解釈の対象としての作品とそれを観る人の間に生じる距離感を否定し、直接的な作品体験を求めた結果、読みとり作業を要請しない規則的なパターン、描かれたかたちではなく絵画そのものをかたちとする「シェイプト・カンヴァス」が採用された。
この作品は1964年に制作された《ノッチドV》シリーズ9点のひとつである。これまでほぼ左右対称に制作されてきたシェイプト・カンヴァスが、ここではV字の切り込みの入った正三角形の組み合わせによって動的な方向性を生んでいる。それは光沢のある金属塗料の使用とともに、ステラが作品体験の直接性を空間との力動的な干渉のなかに探求していくその後の方向を指している。クォスランバは19世紀イギリスの快速帆船の名前。(C.H.)

作家プロフィール

フランク・ステラ Frank STELLA

1936-

作品情報

ジャンル絵画
材質・技法金属粉、塗料/カンヴァス
寸法196.8×454cm
受入年度1991
受入区分購入
作品/資料番号1991-00-0042-000
TitleQuathlamba
GenrePaintings
Material/techniqueMetalic powder in polymer emulsion on canvas
Dimensions196.8×454cm
Acquisition date1991
Accession number1991-00-0042-000

同じ制作年の作品

詳しく見る